う そ つ き

芸術と芸術を融合ぐちゃぐちゃ

誘惑の一言、羞恥心

もどかしさに負けて悔しくて悔しくて昔の記憶が呼び起こされては責めて馬鹿みたいにいつまで経っても抜け出せずにヒステリック撒き散らしては死んだように寝る生活がもう飽きたからどっか広いところに連れ出してよ、連れ出してよって
生活の中の何事も、喧嘩も旅行も引っ越しも、あるにこしたことはないね〜、程度。
ひとりの人で補えない満足感や快楽を求めて新しいものを掴もうとした瞬間に手首の筋肉切られてどちらももう二度と掴むことが出来ない人を目の当たりにして、人を反面教師にするってすごく難しいことだなって思った
普段は恥ずかしくて言えないことも画面越しなら余裕だね
目が合わない、人と目を合わせることが少なくなった
温度も感じない
なにもない、この液晶になにも期待していない
感情労働の職業病なのか、喜怒哀楽が鈍い
楽しいってなんだっけ、嘘つき続けちゃったからもう上手く思い出せないのは本当の話

柄にもない言葉を並べては恥ずかしくなってもしかしたらどっかで笑い話にされてるかもしれないって被害妄想炸裂して、原因は明確だ、アイフォンの所為
誰かに 会いたい、と思うのはいつぶりだろうか
誘い込む、わたしの中へ、入ってきたら追い出すくせに、それすらも壊して辿り着いた人と結婚しよう

ねむいだけ
もうこの仕事したくないよ、とかね