読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

う そ つ き

芸術と芸術を融合ぐちゃぐちゃ

欲にまみれた人間がすき!

死に物狂いのその日暮らしとホレタハレタの泥沼人間関係に揉まれてまた桜が散ったなーなんて独り言を漏らしては会社に友達がいないのを月9の話についていけないせいにして、つまんねって嘆いた、自分のせいなのにー

あの街のあの匂いと一緒に桜見たかったなーとか
あの人のつくってくれたごはんは美味しかったなとか
春は出会いの季節だなんていうけど、得たもののぶん見えないところでなにかを失ってることに気付いてない

時々小学生に戻ったみたいに、すごくシンプルな質問をぶつけると大人の人は困惑する
どうして?なんで?って聞くと答えられないような信念を掲げてる馬鹿がおおい、わたしはそうはなりたくないとおもってる、いちおう
わたしがいつか大人になったときに、今のわたしと同じ歳ぐらいの子たちに、あんな馬鹿な大人にはなりたくねえなって笑われたくないからいまがんばる
世の中捨てたもんじゃないなってわたしを見てそう若者に思ってもらえるような大人になりたい、程遠い

欲にまみれた人間がすき!ベッドのうえで突然入る男の人のスイッチがすき!さいこう、打ち砕かれる
ほしいのは貪欲じゃない、普段抑えてる欲が我慢出来なくなる瞬間。突破させてやりたい、わたしのせいで理性を保てないっていうのがすごくきもちいい
もっとわたしで傷付いてほしい、わたしのこと考えてたら仕事も手につかないぐらい、そのぐらいの愛情じゃなきゃ足りない、体ぶっ壊れるぐらい愛してくれないと、もっとがむしゃらに愛してくれないと、意味わかんないぐらいのセックスしないと、臓器出てくるぐらい激しく抱きしめてくれないと、愛されてる実感がない