う そ つ き

育児日記は月1回更新です

「わたしっぽい」というジャンルが確立されてきてしまったことによっていつか「わたしっぽい」ものが作れなくなるんじゃないかと怖くなる

生理前は世の中と向き合うのが嫌になる。困ったことに女はいつも損してばかり、そういう社会性にたまに不満を持ったりするけどなにも言えない。わたしも女だから
被害者ヅラもいいところ、ふざけんなって思ったことはふざけんなってなるべく言うようにしてる
でも、言えないこともある、飲み込んで消化不良
それは悪性腫瘍として溜まっていくわたしのこころのなかに
何年か経って蘇る。あの時はああだった、こうだった、それは通用しないのもちゃんと知ってる
もうしばらくラブソングなんかつくりたくない
つまんないやつにはなりたくなかったはずなのに、気をぬくといつもだれかに置いていかてる気がして

もう無理だって思ったときには時すでに遅し
結局なにもしてやれない自分が虚しい
苦しんだのはわたしだけ、かなしいのはいつもわたしだけ、そういうもんだと思いたくない同じ人間なのにどうしてこうも優しさの形がちがうの