う そ つ き

育児日記は月1回更新です

「悲しみのその先に、絶たず」について。そして、「十七歳」へ

毎日が絶望のエンドレスすぎて息子の成長だけが救いです!、、、、、。



私は悲しみのその先に、絶たずという名前で相方のなかやましょうごと約2年ほど活動をしてきました

なかやましょうごは高校の先輩でした
私が入学したとき彼は高校3年で、なんか変なバンドでドラム叩いてた
そのなかやまのやっていたバンドで、私が初めて見た軽音部の新歓ライブで体育館のステージにギター投げつけていた人がクボタアンジュという男の子で
私が高校時代に唯一尊敬した先輩でした

なかやましょうごはアンジュくんの親友だった

私は在学中、なかやましょうごとほとんど接点がなかったけど
卒業後、アンジュくんのお葬式で再会し
私の猛烈アタックでユニットを組みました

関係ないけど、アンジュくんのお葬式でアンジュくんが最後にやってたバンドの音源が流れて
私は彼がバンドを続けているなんて全然知らなかったしその音源もそこで初めて聞いたけど
もうそれはそれは、アンジュくんの音楽でしかなくて
めちゃくちゃ泣いたのよく覚えてる

なかやまにあとから聞いたら
「なかむらひとみがこういう音楽やりたいから相方になってくれって言ってきたときのこういう音楽がアンジュとやろうって言ってたものに酷似していたから引き受けた」と言われた
私はやっぱりアンジュくんと感性が似てたのかもしれない
性別が違っただけで

だから私たちは勝手に、本当に勝手だけど
アンジュくんの好きだった音楽をやっていただけです
私たちはアンジュくんで繋がれていた
なかやまの親友で、私が尊敬した人
アンジュくんが私たちを繋いでいてくれたように思います


2年間、悲しみのその先に、絶たずとして
いろんなところでライブをやらせてもらって
嬉しかったことも怒ったこともあった
新しいものをつくっていくのは楽しくて、お互いにひとりじゃできないことばかりチャレンジしたよね

絵本もつくった、自力で、私たちの力だけで


でも、ここには書けないような本当にどうしようもない理由で活動を続けられなくなりました

ごめんね、と なかやまに何度も言われました


浦松さんやボブさん(VVS)を始めとした
悲しみのその先に、絶たずに携わってくださった全ての人たち、本当にありがとうございました
悲しみのその先に、絶たずは少し早いけど無理やり完結させます

私はなかやまをめちゃくちゃ責めたけど
こいつ死ぬかもしれないってぐらい詰めたけど
でも死ななかったし、もう一緒に音楽出来なくなってもいいから
アンジュくんのことだけは忘れないでいようね


それとは別件ですが、初期ユニットの十七歳
活動を再開させる予定です
ライブハウス復帰はいつにするかまだ決めていないけど、十七歳で新たに曲をつくります
ドラムはもちろん、川村杏子
私のつくる曲でドラムを叩こうなんて変人は彼女しかいませんでした

お楽しみは続きます